« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

「住む開き」アサダワタル講演会に参加

昨日、私の事務所に近い尼が坂サロンで開催された「住む開き」アサダワタル講演会に参加した。

JIA愛知地域会住宅研究会が主催で、当日は、広めの会場も満員御礼の盛況ぶりだった。

アサダワタルさんによれば、「住む開き」とは、「自宅を代表するプライベートな空間の一部を、人が集えるパブリックな空間へと無理なく開放すること」なのだそうだ。

自分の家やマンションの一部を一般にちょっと公開して自身の趣味や活動の場を広げようとしている人たちがいます。そういう行動を「住み開き」って命名したのがアサダワタルさん。

元々は音楽の編集からはいって、日常を再編集する→日常再編集家というのが最近の肩書らしい。

とにかく、いま若者の間で広がりをみせているシェアハウスにも通ずるところもあり、興味深く聞き入った。切り口によっていろいろな展開が可能なように感じた。

Img_2874 「住む開き」講演会の様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早めの梅雨明けのあとは猛暑

今年の梅雨明けは、昨年(7月23日ごろ)より15日早く、7月8日に明けた。統計開始以来、5番目に早い梅雨明けだそうだ。

いつもながら明けた途端に猛暑襲来である。いまだに猛暑日が続いているのだから、去年より暑い夏になりそうである。建築現場での熱中症にも注意しないと。。。

Img_2691

内部のリフォームもほぼ終わり、外壁改修で、高圧洗浄の後、筆者が下地検査をしているところ、下地の浮いているか所の確認、ひび割れの程度に応じた補修方法の指示など、実際に足場に登らないとわからない部分。敷地に余裕がないので足場も狭く、猛暑の中、足元にも注意しないとね。。。

ところで、毎年、遅くとも梅雨明けの頃には、私の事務所近くにある黒川、御用水跡街園の蝉も鳴き始めているのだが、今年は蝉の声が聞こえない梅雨明けとなり、少々寂しいというか物足りない気分である。

暑気払いにちょっと一句、「梅雨明けに、鳴くまで待とう蝉の声。」。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »