« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

雪のラ コリーナ近江八幡

1/23は、東邦瓦斯主催の日帰り研修バスツアーに参加しました。

楽しみにしていたラ コリーナ近江八幡の見学会は、雪が降りしきる中でおこなわれました。
屋上緑化の様子は雪のため、見れませんでしたが、一面銀世界のラ コリーナ近江八幡も趣があって良かったです。
ラ コリーナとはイタリア語で丘という意味だそうです。
シンボルは「あり」。
いつも人々が集い、にぎわう場でありたいと。 

自然の中で一億年の歴史を生き、すぐれた社会性をもつアリのすがたに学び、
ラ コリーナ近江八幡のシンボルとした、とのことでした。

Img_1060

一面銀世界のラ コリーナ近江八幡

Img_1179

一面銀世界のラ コリーナ近江八幡 俯瞰

Img_1016

外は雪で見にくかったですが、
内部は、メインショップ、本社施設 建築設計を担当された藤森 照信 氏の手の跡が、
随所に感じ取れました。

JIA愛知地域会のメンバーにも久しぶりに会えて交流できて良かったです。
一面銀世界の近江路を見ながらの帰路も風流でした。かなりの積雪による渋滞で帰宅は遅くなりましたが。
Img_1003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

皆様、あけましておめでとうございます。

初心忘るべからず、日々学びの場と心得て取り組んでいきたいと思いますので、

本年もよろしくお願いいたします。

大晦日は、奈良の実家に行き、母と食事をして、いつも通り今井町を経由して去年に続いて橿原神宮の大祓いの神事に参加と自転車を走らせていたらパンク!です。

自転車屋さんも休みでちょっと焦りましたが、今日は歩けということなんだと思い直し、八木西口駅まで自転車を引いていき近鉄電車で橿原神宮駅まで行きました。

村野藤吾設計の橿原神宮駅舎を横目に会場までたどり着いて、大祓い神事に無事参加できました。

Img_0590

橿原神宮大祓い神事の様子

お神酒とお箸をいただいてお参りした後、帰ろうと参道を歩いていると大和三山の一つ畝傍山への新しい登り口を発見、いつもより距離が短く快適に山頂に辿り着くことができました。山頂では金剛・葛城山方面にしずむきれいな夕日を見ることができました。ここに来るたびに例の大学の先輩、渡辺豊和が唱えた大和三山ピラミッド説を思い出します。

Chizu_r

大和三山を結ぶ2等辺三角形と三輪山に続く底辺からの垂線(筆者作成)

畝傍山から実家までの数キロは、幼少のころの初心を思い出しながら、散歩がてらゆっくりの道のりでした。

Img_0596

登山道の道しるべ

Img_0598

金剛・葛城山方面にしずむきれいな夕日

Img_0602

観光客もまばらな今井町の風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年2月 »